【Xiaomi Mi TV Stick】HDMI差込口の干渉や発熱対策した結果がこちら!



くにりきラウ

こんにちは。Android TV機器を使用中の「くにりきラウ(@lau1kuni)」です 。

動画マルチメディア機器「Xiaomi Mi TV Stick FHD」本体は映像機器に直差しなので差込口が干渉したり、本体が小型なので使用中に結構発熱するので途中で電源が落ちないか不安になります。

そこで今回は上記の二点について対策グッズを購入してみましたのでご紹介します。

【Xiaomi Mi TV Stick】HDMI差込口の干渉や発熱対策した結果がこちら!

HDMI差込口の干渉対策について

本体の差込口の干渉対策として短めの「HDMI・延長ケーブル」を導入しました。

梱包状態

同梱物

次のようなものが同梱されていました。

同梱物
  • HDMI延長ケーブル(約20cm)・2個セット
  • 手紙
  • カード

外観

HDMI延長ケーブルですが長さが短めの「約20cm」となっています。

映像機器に取付

「Xiaomi Mi TV Stick」本体をテレビやモニターなどの映像機器に取り付けるとHDMI端子の干渉が無くなり良い感じになりました。

スティック本体の発熱対策につてい

スティック本体の発熱対策として小型のヒートシンクを導入しました。

梱包状態・同梱物

同梱物

小型ヒートシンク(20mm×14mm×6mm)・10個入(両面テープ付)

本体に取付状態

「Xiaomi Mi TV Stick」本体の両側に今回準備した小型ヒートシンクを貼り付けた状態であり、稼働中はヒートシンク無しの状態より上手く放熱がされていますので夏場の暑い時期にも有効活用出来ますね。

【補足】こちらもオススメ

Amazon Fire Stick/4K」に貼付ているヒートシンクでもOKですので参考にどうぞ。

最後に

動画マルチメディア機器「Xiaomi Mi TV Stick FHD」の接続端子の干渉や発熱対策に使用した商品について紹介する記事でした。

まとめ
  • HDMI接続端子・干渉対策:短めのHDMI延長ケーブルの導入
  • 発熱対策:小型ヒートシンクをステック本体に貼付

Amazon製ストリーミング機器「Fire TV Stick」にも有効である

上記の二商品についてはいずれも安価で購入出来ますので、興味を持たれた方は導入を検討してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。