【発熱対策】Amazon Fire TV stick用にアイテム一つで対処出来るぞ!

こんにちは。Fire TVを愛用する「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

暑くなる時期に備えてAmazon Fire TV stick 4Kの発熱対策をしました。

熱暴走が起こると動作が不安定になったり、電電が急に落ちたりするからです。

そこでこれから紹介するヒートシンクを用意しました。

製品紹介

「AINEX M.2 SSD用ヒートシンク HM-21」という製品です。

新登場 Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属

ヒートシンク貼付

これは元々はM.2 SSD用のヒートシンクですが、Fire TV stickにも張り付ける事が出来ます。

ヒートシンクの裏に両面テープがあるので、Fire TV stickに貼り付けて固定出来ます。

起動中に本体に触れた結果

起動中にしばらくして本体を触ってみると、ヒートシンク部分に熱が放熱されているような感じでほんのり温かくなっていました。

最後に

Fire TV stickの発熱対策にヒートシンクを貼り付けるという内容の記事はでした。

  • AINEX M.2 SSD用ヒートシンク HM-21 という商品を購入する
  • Fire TV stick 本体に両面テープで貼り付けるだけでOK

冬の寒い時期ならまだしも、夏の暑い季節になると本体が発熱して熱暴走しないか心配になります。

安価でヒートシンクを貼るだけで少しでも熱を溜まりにくい状態にしておいたほうが良いと思います。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

新登場 Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属