Android Apple MVNO(格安SIM) WiFi・ネットワーク アプリ・ソフト インターネット ガジェット・デジモノ スマホ プロバイダー レビュー

【IIJmio】eSIM対応ギガプランは混雑時間帯以外は比較的高速通信可能な低速モード切替付老舗格安SIM回線!

2023-01-09

くにりきラウ

こんにちは。格安SIM回線「IIJmio(みおふぉん)」のデータ通信専用回線を契約中の「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

格安SIM会社の一つに「IIJmio(みおふぉん)」という老舗の事業者があり、私自身契約しています。

同社回線より人気のプラン「ギガプラン」の中の1つにデジタル型データ通信専用の「eSIM(イーシム)・ドコモ回線」プランが提供されています。

このプランでの実際の通信速度が一体どのくらい出ているのか気になる方がいらっしゃるかと思います。

そこで今回は実際にいくつかの時間帯での通信速度測定をテストしてみましたので、その様子をお届けしたいと思います。

あなた

格安SIM回線の「IIJmio(みおふぉん)」のドコモ回線の通信速度がどのくらい出るのか知りたいです。

「混雑時間帯以外は比較的高速通信可能で、低速モード切替対応の老舗格安SIM回線」と言えます。

くにりきラウ

本記事の目次

【IIJmio】eSIM対応ギガプランは混雑時間帯以外は比較的高速通信可能な低速モード切替付老舗格安SIM回線!

【eSIMプラン】データ通信容量2GBで月額440円から利用可能なデジタル型SIMコース

本回線の「eSIM(イーシム)」プランでは「音声通話SIM(au回線のみ)」と「データ通信専用SIM(ドコモ回線)」のみが提供されています。

また最安プランでは「2GB・月額440円(税込)」から利用可能となっています。

ギガプラン@eSIM版

月額料金一覧表

プラン2GB4GB8GB15GB20GB出来る事・出来ない事
音声eSIM
(au回線のみ)
850円990円1,500円1,800円2,000円【〇】5G通信
【〇】電話
【〇】SMS
【〇】デザリング
【〇】インターネット
データ専用eSIM
(ドコモ回線のみ)
440円660円1,100円1,430円1,650円【〇】デザリング
【〇】インターネット
【×】5G通信
【×】電話
【×】SMS
※価格表記は「税込」となります。

【補足】使用スマホ端末について

下記の項目の速度テストでの使用スマホ端末は「Google Pixel 6a(2022年版)」となりますので、興味を持たれた方はご参照ください。

【Google Pixel 6a】Tensor 6/128GB 12MP 6.1インチ 画面内指紋認証 Felica eSIM Android12|Sage・Chalk・Charcoal

【時間帯別】回線速度テスト結果は比較的高速通信が出来る傾向あり

本記事では「eSIM@データ専用(ドコモ回線)」を使用していくつかの時間帯での回線速度を調査しています。

本記事での速度テストアプリは「SPEEDTEST」を使用しています。

Speedtest - インターネット速度
Speedtest - インターネット速度
開発元:Ookla
無料

【午前9時台】100Mbps以上の高速通信

午前9時台では「約186Mbps」と比較的高速通信が可能でした。

午前9時台

ダウンロードアップロードPing値
186Mbps33.1Mbps64ms

【正午台】混雑時は1Mbps強とかなり遅くなる場合あり

主に学校や会社などの休憩時間帯となる「正午台(昼の12時台)」ではダウンロードが「約1Mbps強」とかなり遅くなる傾向があり、この傾向は格安SIM回線の宿命と言えそうですね。

正午台

ダウンロードアップロードPing値
1.11Mbps31.8Mbps117ms
65.1Mpbs13.0Mbps103ms
1,44Mpbs32.2Mpbs107ms

【13時台】100Mbpsの高速通信

13時台では「約102Mbps」と高速通信が可能でした。

13時台

ダウンロードアップロードPing値
102Mbps33.1Mbps48ms

【17時台】100Mbps以上の高速通信

17時台では「100Mbps以上」の高速通信が可能でした。

17時台

ダウンロードアップロードPing値
188Mbps32.6Mbps51ms

【18時台】20Mbps半ばで通信速度が落ちる傾向あり

18時台では「約20Mbsp半ば」と混雑時間帯となりますので、通信速度が落ちる傾向がありました。

18時台

ダウンロードアップロードPing値
24.4Mbps3.19Mbps37ms

【19時台】数十Mbpsで割と高速通信の傾向あり

19時台では「数十Mpbs」と割と高速通信が可能な傾向がありました。

19時台

ダウンロードアップロードPing値
61.2Mbps24.4Mbps68ms

【21時台】数十Mbspのまずまずの通信速度傾向

21時台では「約43Mbps」とまずまずの通信速度傾向がありました。

【低速モード切替時】常時200kbps前後の低速モードでの使用可能

本回線プランでは意図的に通信速度を抑える事が可能で「高速データ通信容量(ギガ)」を消費しない「低速モード」が提供されています。

そしてこの状態での通信速度結果は「常時200kbps前後」となりました。

低速モードの公称値は「約300kbps」となりますが、もし低速モードで「3日間で366Mbps以上」使用した場合はさらに通信速度が制限される場合がありますのでご注意下さい。

低速モード

ダウンロードアップロードPing値
0.26Mbps
(約260kbps)
0.19Mbps
(約190kbps)
53ms
0.13Mpbs
(約130kbps)
0.25Mbps
(約250kbps)
45ms
My IIJmio
My IIJmio
開発元:Internet Initiative Japan Inc.
無料

最後に

格安SIM回線「IIJmio(みおふぉん)」で人気のプラン「ギガプラン」より、「eSIM(イーシム)・ドコモ回線」の通信速度テストの調査・結果に関する記事でした。

まとめ

通信速度テスト時間帯別

  • 【午前9時台】100Mbps以上の高速通信
  • 【正午台】混雑時は1Mbps強とかなり遅くなる場合あり
  • 【13時台】100Mbpsの高速通信
  • 【17時台】100Mbps以上の高速通信
  • 【18時台】20Mbps半ばで通信速度が落ちる傾向あり
  • 【19時台】数十Mbpsで割と高速通信の傾向あり
  • 【21時台】数十Mbspのまずまずの通信速度傾向
  • 【低速モード切替時】常時200kbps前後の低速モードでの使用可能

こんな方にオススメ

  • eSIM対応スマホやタブレット端末(iPadなど)をお持ちの方
  • 予備回線用途として検討中の方
  • 安価な価格でドコモ回線を使用したい方
  • 必要に応じて高速通信・節約モードに切り替えたい方
  • 高速通信可能な時間帯が多い方が良いとお考えの方

など

「eSIM・データ専用回線」の場合は安価な価格帯からの契約・利用が可能な老舗の格安SIM回線となっています。

今回ご紹介した内容より興味を持たれた方は、本回線の契約を検討してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

-Android, Apple, MVNO(格安SIM), WiFi・ネットワーク, アプリ・ソフト, インターネット, ガジェット・デジモノ, スマホ, プロバイダー, レビュー
-, , , ,