【Alexa】Amazon EchoとFire TVを連携させての音声での操作方法!

くにりきラウ

こんにちは。Amazon Echo&Fire TV使用中の「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

Amazon製スマートスピーカー「Echo・Alexa」を使用してストリーミング機器「Fire TV」を操作可能に出来るとの事なので設定してみましたのでその手順につてご紹介します。

【事前準備】Amazon EchoとFire TVを連携させての音声での操作方法

事前準備として最初に「Alexa アプリ」を起動します。

ホーム画面

ホーム画面より「三」のようなやつをタップします。

設定

次に「設定」を選択します。

設定

「TV・ビデオ」を選択します。

すべてのデバイス

お持ちの「Fire TV デバイス」を選択します。

TV・ビデオ

「Fire TV」を選択します。

Fire TV

「デバイスを管理」を選択します。

他のデバイスを接続

「他のデバイスを接続」を選択します。

Fire TVの選択・続行

お持ちの「Fire TV」を選択して「続行」をタップします。

Amazon Echo・Alexaを選択

お持ちの「Amazon Echo デバイス」を選択委して「デバイスを接続」をタップします。

設定完了

これで「Echo」と「Fire TV」の連携の設定が完了しました。

Amazon EchoでFire TVを音声で操作してみた結果

それでは実際にEchoで声掛けしてFire TVを操作してみましょう。

※今回は「Echo Show 5」と「Fire TV stick 4K」で設定しました。

Fire TVのコントロール

Prime Videoの映画やTV番組を再生する
「Fire TVで[タイトル]の[動画 / 映画 / TV番組]を見せて」
「Fire TVで[タイトル] の[動画 / 映画 / TV番組]を再生して」
「Fire TVで[ジャンル] [動画 / 映画 / TV番組]を再生して」
映画やTV番組を検索する
「Fire TVで[映画 / TV番組]を探して」
「Fire TVで[タイトル] の[動画 / 映画 / TV番組]を検索して」
「Fire TVで[ジャンル] [動画 / 映画 / TV番組]を検索して」
再生をコントロールするAlexaは、Prime Videoからの映画やテレビ番組の再生を制御することができます。
「再生」
「一時停止」
「止めて」
「再開」
「 [分]戻して」
「[分]早送りして」
「 [分]戻って」
「[分]進んで」
「次 / 次のエピソード」
「最初から見せて」
Fire TVのホーム画面に戻る
「ホームに戻って」

AmazonのHPより引用

Primi Videoの操作

例えば「アレクサ、(作品名)を再生して」や「アレクサ、一時停止して」などはコントロール出来ました。

コントロール出来た操作

「映画」というキーワード

「アレクサ、映画を検索して」と言うと「プライムビデオ」の映画の候補が表示されました。

視聴アプリ

「アレクサ、○○を開いて」と話しかけるとアプリが起動して視聴出来ました。

視聴アプリ
  • TVer
  • AbemaTV
  • Netflix
  • dアニメストア など

コントロール出来なかった操作

反対に「アレクサ、○○して」を言っても起動しなかったりエラーになったアプリです。

YouTube・純正アプリ

「アレクサ、YouTubeを開いて」と言うと、何故か「Echo Show 5」の画面でYouTubeが開きました。

肝心なFire TVで起動してくれません。(※うちの環境なのか原因不明です。)

他には「YouTubeでヒカキンを検索して」と言うと、これまた「Echo Show 5」の画面内で検索結果が表示されました。

最後に

Amazon製スマートスピーカー「Echo・Alexa」でストリーミング機器「Fire TV」を音声での操作方法について解説する記事でした。

まとめ
  • 事前準備として「Alexa アプリ」で連携設定する
  • Fire TVをコントロールするにはEchoに「アレクサ、○○して」と話しかけて操作する
  • プライムビデオは再生や一時停止・巻き戻しなどは操作OK
  • 視聴アプリによっては起動・操作が出来るのと出来ないのがある(今後のアップでとに期待)

動作検証の結果アプリによっては謎な動作がするので今後の改善・アップデートに期待したいところです。

今回ご紹介した内容よりもし「Amazon Echo」で「Fire TV」を操作してみたい方は一度試してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。