【レビュー】Teclast P80Xはライト用途や読書向きの8インチAndroidタブレット

くにりきラウ

こんにちは。ガジェット好きな「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

以前の記事では主に「Teclast P80X」を開封して中身のチェックといった感じでした。

今回はしばらく使用してみてのレビュー記事を書いていきます。

主な仕様

Teclast P80X
OSAndroid 9 Pie
CPUSpreadtrum SC9863A Octa Core
GPUIMG-8322
RAM(メモリー)2GB
ROM(ストレージ)16GB/32GB
ディスプレイ8インチ 1280*800(HD) IPS-LCD
カメラフロント: 0.3MP リア: 2.0MP
対応バンドFDD-LTE: B1 、 B3
TD-LTE: B39 、 B40 、 B38 、 B41
WCDMA: B1
TD-SCDMA: B34 、 B39
GSM: B3 、 B8
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooth4.1
サイズ縦: 208mm 横:124mm 厚さ: 9.8mm
重量315g
バッテリー4200mA
カラーブラック
メモリーカードmicroSD対応
インターフェイスmicroUSB、イヤホンジャック
AliExpress.com Product - Teclast P80X 4GTablet Android 9.0 SC9863A IMG GX6250 8inch 1280 x 800 IPS Octa Core 1.6GHz 2GB RAM 32GB ROM Dual Cameras Tablet

対応バンド(4G LTE)について

SIMサイズは「microSIM」となります。

ドコモ・ソフトバンク回線

BAND1・3には対応していますが、ドコモのBAND19・ソフトバンクBAND8のプラチナバンドには対応していません。

地下や山奥といった場所では電波が不安定になる可能性があります。

au回線

BAND1に対応していますが、au回線での利用は複雑なのであまりお勧めしません。

技適について

技適については自己責任でお願いします。

技適マークとは、技術基準適合証明と技術基準適合認定のいずれかあるいは両者の認証がなされていることを表示するマークで、総務省令に定められたものである。

Wikipediaより

初期設定後の画面の様子

初めて電源を入れて初期設定が終了した直後の状態です。

ホーム画面

こちらが起動直後のホーム画面となります。

Google系のアプリがあります。

初期言語は外国語になっていたので、設定画面より

「設定(歯車マーク)」→「システム」→「言語と入力」→「言語」

の順に辿って「日本語」に変更しておきましょう。

アプリ一覧

こちらが初期インストール済アプリ一覧となります。

キャリアのスマホのように余計なアプリが無くてスッキリしています。

後から自分で好きなアプリを導入していくスタンスです。

ニュース記事一覧

ホーム画面から左にスワイプすると、画面のようなニュース一覧が表示されます。

設定画面について

設定画面一覧です。

内部・外部ストレージの選択(SDカード)

microSDカードは最初に「内部ストレージ」か「外部ストレージ」としての利用かを選択する事が出来ます。

時間指定の電源ON・OFF

設定画面の「Scheduled power on/off」という項目では、指定時間に電源のONまたはOFFが可能です。

これは昔のガラケー時代にもありました。

セキュリティパッチの状態

購入時のセキュリティパッケージは「2019年5月5日」となっていました。

更新してみましたが変化無しだったので、今後の更新はあまり期待出来ないかもしれません。

ナビゲーションバーの変更可能

「設定」→「ナビゲーションバー」より、 画像の様に自分の使いやすいやつに変更出来ます。

ベンチマークについて

回線スピードテスト

「SPEEDTEST」アプリを使用して自宅のWi-Fiでの測定結果です。

※自宅回線は「eo光・1ギガコース」です。

Antutu ベンチマーク

Antutu「v8.0.4」で測定した結果は約10万点となりました。

ちなみに旧バージョン「v7.xxx」の場合は約7万点台になるそうです。

これはSIMフリースマホの「SHARP AQUOS SENSE 2」と同じ位のスコアとなります。

普段使いには問題無く使用出来ます。

ゲームはパズドラやモンストといった軽めのゲームなら出来ますが、PUBGなどの最新ゲームにはさすがに厳しいでしょう。

CPU-Z

「Teclast P80X」のハードウェアの情報を載せておきます。

8インチは読書に最適サイズ

自宅で使用するにも出先での利用にも8インチは読書に最適なサイズだと思います。

※画像はAmazonのKindleアプリを使用しています。

マンガの場合

小説や文章がメインの作品

カメラについて

カメラの画質についてはオマケ程度と思っていいでしょう。

最後に

8インチ・Androidタブレット端末「Teclast P80X」の使用感レビューについての記事でした。

特徴
  • 初期アプリが最小限でシンプル
  • SDカードが外部・内部ストレージの選択可能
  • 指定時間での電源ON・OFF設定
  • ナビゲーションバーの変更可能
  • Antutuベンチマークは約10万点(旧バージョン:約7万点台)
  • 8インチは読書に最適
イマイチな点
  • RAM(メモリー)が2GB である点
  • 5GHzのWi-Fiに非対応な点
  • 充電端子がmicroUSBな点
  • セキュリティパッチやアップデートはあまり期待出来ない点
  • カメラはオマケ程度の画質である点

Android搭載タブレットの8インチサイズをお探しの方はこの機種を購入候補に入れてみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

AliExpress.com Product - Teclast P80X 4GTablet Android 9.0 SC9863A IMG GX6250 8inch 1280 x 800 IPS Octa Core 1.6GHz 2GB RAM 32GB ROM Dual Cameras Tablet