【オプション追加】mineo(マイネオ)が350円追加で低速モードが最大500kbpsのパケット放題が爆誕!

くにりきラウ

こんにちは。mineoのデータSIMを契約している「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

格安SIMのmineo(マイネオ)は低速モードでは通常「最大200kbps」です。

それが2020年3月3日より「最大500kbps」となる「パケット放題」というサービスが開始されますのでその事についてご紹介します。

パケット放題について

mineo(マイネオ)

サービス概要

この「パケット放題」というサービスに加入(月額+350円)して「mineoスイッチ(アプリ)」をオン(低速モード)にすると下記のようになります。

低速モードの速度が「最大200kbps」→「最大500kbps」で利用可能となる

補足

Aプラン(au回線)のみ「3日間で6GB」以上使用すると速度制限される場合がある

サービス開始・対象者について

「パケット放題」は2020年3月3日より開始され、月額350円を追加する事ですべてのmineoユーザーが利用可能となっています。

通信速度・500kbpsで出来る事は?

通信速度が「500kbps」で出来る事は下記の表のようになります。

主にネットサーフィンやラジオアプリ(radiko)・音楽配信サービスは普通に使用出来ます。

またYouTubeなどの動画視聴は「最低画質(144p)から標準画質(360p)」くらいまでなら割と普通に使用出来る感じです。

さすがに高画質(720p以上)での視聴は厳しいでしょう。

他社サービスとの比較

他社の格安SIMでは(記事あり)

となっており、mineoのパケット放題(最大500kbps)ではその中間くらいとなっています。

パケット放題祭り・お試し期間について

事前申し込みと追加料金無しで最大500kbpsの「パケット放題」が体験出来るお祭り期間・対象者が下記のようになっています。

  • 期間:2020年1月30日・早朝から3月2日まで
  • 対象者:すべてのmineoユーザー

よってこの記事掲載時点でサービス体験が出来るという事です。

回線スピードテストについて

テスト環境:データSIM・シングルプラン・ドコモ回線で計測しています。

mineoアプリより低速モード・ON

「mineoアプリ」より「mineoスイッチ」項目を「ON」にすると節約・低速モードとなります。

またウィジェットを設置してそこから切替してもOKです。

以下のいくつかの時間帯で速度テストを実行しました。

1時台・深夜帯

深夜帯の1時台では公称値の「0.5Mbps(500kbps)」に近い結果となっています。

12時台・混雑時間帯

お昼の12時台の混雑時間帯では「0.4Mbps(400kbps)」と公称値より若干低い結果となります。

14時台・午後

14時台では公称値の「0.5Mbps(500kbps)」に近い結果となっています。

18時台・混雑時間帯

夕食帯の18時台の混雑時間帯では「0.4Mbps(400kbps)」と公称値より若干低い結果となります。

23時台

23時台では公称値の「0.5Mbps(500kbps)」に近い結果となっています。

最後に

格安SIMのmineo(マイネオ)が「最大500kbps」となる「パケット放題」というサービスが開始される事に関する内容の記事でした。

まとめ
  • 月額350円追加すると低速モード「最大200kbps」が「最大500kbps」となる
  • サービス開始日は「2020年3月3日」である(現在お試しキャンペーン中)
  • 「500kbps」であれば高画質での動画視聴以外では割と普通に使用出来る
  • 回線速度テストでは公称値「500kbps」に近い結果となっている
  • 12時台と18時台の混雑時間帯では「400kbps」と公称値より若干低い結果となった
  • ロケットモバイル・神プラン楽天モバイル・スーパーホーダイ の中間である

ただ新規加入者などで利用者が増えてくると次の懸念点があります。

回線が混雑して「最大500kbps」を維持出来なくなる可能性がある点

既にmineoユーザーの方や契約を検討されている方で、この記事掲載時点で「パケット放題」が利用出来ますので一度試してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

mineo(マイネオ)