【日本通信】月額2178円でデータ容量20GBの合理的プランはひと月70分間の無料通話付!



くにりきラウ

こんにちは。格安SIM回線を利用中の「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

2021年より携帯事業各社の値下げ合戦の最中で老舗の格安SIM会社「日本通信SIM(b-mobile)」より「月額1,980円(税込2,178円)・データ容量20GB・無料通話70分付」という高コスパな「合理的20GBプラン」が登場しましたので、今回はその詳細についてご紹介したいと思います。

総評は「そこそこ通話を利用する場合でかつでデータ通信速度をあまり重視しない方向けのプラン」と言えます。

【日本通信SIM】月額1,980円(税込2,178円)でデータ容量20GBの合理的プランはひと月70分間の無料通話付!

月額1,980円(税込2,178円)でデータ容量20GBの高コスパプラン

日本通信SIM(b-mobile)の「合理的20GBプラン」では月額料金1,980円(税込2,178円)でデータ通信容量が「20GB」もある高コスパなプランとなっており、実際に約90%のスマホユーザーをカーバーしていると総務省が調査したデータがあります。

合理的20GBプラン
  • 月額料金:1,980円(税込)
  • データ容量:20GB

データ容量追加・1GBあたり250円(税込275円)で最大30GBまでOK

もしデータ容量を使い切って足りなくなってしまった場合に「1GBあたり250円(税込275円)」で追加出来て最大30GBまでOKとなっています。

データ容量追加

1GBあたり250円(税込275円)で最大30GBまでOK

ひと月70分までの通話料金が無料

電話回線を利用する場合の通話料金が「ひと月70分までの通話が無料」という太っ腹でお得ななサービスとなっており、この時間はひと月の平均的な発信通話がカバーされていると言われています。

通話料金

ひと月70分までの通話が無料

超過分は30秒あたり11円でドコモの半額・特別な通話アプリが不要

もし月に70分を超過した際は「30秒あたり11円(税込)」とキャリア回線「ドコモ(30秒/22円)」の半額であり、また他社の格安SIM会社で利用する「○○でんわ(プレフィックス番号での発信)アプリ」が不要ですので標準搭載のアプリで通話で料金が適用されます。

通話時間超過時
  • 超過分は30秒あたり11円(税込)でドコモの半額(通常:30秒/22円)
  • 特別な通話アプリ(○○でんわなど)が不要
  • 通話品質はドコモと同様

使用中のスマホはそのまま使える

現在使用中のスマホ(iPhoneやAndoroidスマホなど)をそのまま使用出来るため新たにスマホを購入する必要はありません。

使用中のスマホはそのまま使える
  • ドコモで購入したスマホ→そのまま利用可能
  • au・ソフトバンクで購入したスマホ→SIMロック解除後に利用可能

※SIMフリー端末はそのまま利用可能

利用中のスマホやアプリをそのまま使うとID連携が不要

利用中のスマホやアプリをそのまま使用する事によってSNS(LINE・Twitter・Instagramなど)のID連携が不要です。

アプリ
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • TikTok
  • Ponta
  • Excel
  • Amazon
  • d-Point
  • au Pay
  • T-Point など

MNPで現在利用中の電話番号が変わらない

現在ご利用中の電話番号をそのまま利用出来ますし、また新たに電話番号を取得(新規でのお申し込み)することも可能です。

使えるエリアは本家ドコモと同じ

使用可能なエリアはドコモの回線を借りていますので日本全国にて利用出来ます。

ドコモネットワーク
  • LTE(PREMIUM 4G)
  • LTE
  • LTE(800MHz)
  • FOMA(3G)

様々な縛りなし

2年縛りや最低利用期間・解約金がなく、○○割引などの契約当初のみ安価で後々利用料金が高くなるといったこともありませんので安心出来ます。

余ったデータ容量の繰越は出来ない

もし余ったデータ容量は翌月以降に繰越が出来ない点に注意です。

各種費用・支払いイメージ

各種費用・支払いイメージ
  • 契約事務手数料(初回のみ):3,000円(税込3,300円)
  • 月額基本料金:1,980円(税込2,178円)
  • データ容量:20GB/月
  • 無料通話分:70分/月
  • データ追加料金:1GBあたり250円(税込275円・ドコモの半額)
  • 70分以降の通話料金:30秒/10円(税込11円・ドコモの半額)

【2021年5月8日追記】申込手続き方法について

本プランの申込手続き方法についての記事がありますので参考にどうぞ。

【2021年6月5日追記】合理的みんなのプラン(6GB)・新登場!

2021年6月3日より本プランの廉価版ともいえる「合理的みんなのプラン(6GB)」が新登場しました。

【日本通信SIM】合理的な携帯料金プラン

【比較】合理的20GBプラン・合理的みんなのプラン(6GB)

【比較】合理的20GBプラン・合理的みんなのプラン(6GB)
プラン 合理的20GBプラン 合理的みんなのプラン(6GB)
月額料金 1,980円(税込2,178円) 1,264円(税込1,390円)
データ通信容量 20GB 6GB
無料通話時間 70分/月
20GB以降のデータ量 275円/1GB
70分以降の通話料金 11円/30秒

【比較】他社類似プランの料金設定

他社類似プランの料金設定
回線 データ容量 月額料金(税込)
ドコモ・ahamo(アハモ) 20GB

2,970円

(通話5分/回を含む)

au・povo(ポヴォ) 20GB

3,278円

(通話5分/回を含む)

Softbank・LINEMO(ラインモ)

20GB

3,278円

(通話5分/回を含む)

楽天モバイル・UN-LIMIT 20GB↑

3,278円

(通話料金無料)

日本通信SIM・合理的20GBプラン 20GB

2,178円

(通話料金70分/月を含む)

【比較】他社MVNO回線の類似プラン

【比較】他社MVNO回線の類似プラン
回線 データ容量 月額料金(税込)
ドコモ(ギガライト) 1~7GB

4,235円~7,535円

(通話5分/回を含む)

au(ピタットプラン) 1~7GB

4,345円~7,645円

(通話5分/回を含む)

UQ Mobile(くりこしプラン・S) 3GB

2,178円

(通話60分/月を含む)

ソフトバンク(ミニフィットプラン) 1~3GB

4,158円~6,358円

(通話5分/回を含む)

Y! mobile(シンプル・S) 3GB

2,948円

(通話10分/回を含む)

日本通信SIM(合理的みんなのプラン) 6GB

1,390円

(通話70分/月を含む)

最後に

格安SIM会社「日本通信SIM(b-mobile)」より「月額1,980円(税込2,178円)・データ容量20GB・無料通話70分付」という高コスパな「合理的20GBプラン」について解説する記事でした。

まとめ
  • 月額1,980円(税込2,178円)でデータ容量20GBの高コスパなプラン
  • データ容量追加・1GBあたり250円(税込275円)で最大30GBまでOK
  • ひと月70分までの通話料金が無料:超過分は30秒あたり11円でドコモの半額・特別な通話アプリが不要
  • 使用中のスマホはそのまま使える
  • 利用中のスマホやアプリをそのまま使うとID連携が不要
  • MNPで現在利用中の電話番号が変わらない
  • 使えるエリアは本家ドコモと同じ
  • 様々な縛りなし:2年縛りや最低利用期間・解約金なし
  • 余ったデータ容量の繰越は出来ない

電話回線を利用しての通話をそこそこ通話する場合やデータ通信速度をあまり重視しない方にとってはお得なプランですので、気になった方は詳細や契約を検討してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。