【格安SIM】mineo・dプランのシングルプラン(データSIM)の開通手順を解説する

こんにちは。mineoのデータSIMを契約した「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

mineoの申込編でのSIMが届いたのでスマホの開通初期設定を解説してきます。

書類関係について

mineo(マイネオ)

SIMが届くまで掛かった日数は?

mineoのSIMの申込日は下記の通りでスピード配送でした。

  • 2019年5月12日未明:申込
  • 5月13日:発送連絡
  • 5月14日:到着

同梱物

  • SIMカード
  • 契約通知書
  • 通信サービスの提供条件について
  • ご利用ガイド
  • オプションサービス「さよなら迷惑電話」の新規お申込受付終了について

オプテージ mineo エントリーパッケージ Web申し込み専用 SIMカード後日配送

初期設定・開通について

それでは初期設定して開通までの様子を見ていきましょう。

SIMカード

「Dプラン」で申込したので、docomo用のSIMカードが入っていました。

SIMカードを差し込む

SIMフリー対応端末ににSIMカードを差し込みます。

本体側面にSIMカードスロットがあり、SIMピンを使って押し込むようにすれば出てきます。

写真の白いやつがSIMカードで、黒いやつがmicroSDカードとなります。

※画像は「UMIDIGI A3 PRO」となります。

回線利用のためのAPN設定

スマホやタブレット端末でモバイル回線が利用できるようにAPN設定を行います。

APN設定は「モバイル回線を利用出来るようにするためのおまじまい」と思ってもらえれば良いでしょう。

Androidの場合

Androidの場合は「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の中にあります。

するとAPN一覧が出てきますので、その一覧に該当する回線会社(今回はmineo)がある場合はそれを選択します。

もし一覧に無い場合は画面右上の「+」をタップして下記の通り設定していきます。

項目名
名前 mineo(任意の名前)
APN mineo-d.jp
ユーザー名 mineo@k-opti.com
パスワード minio
認証タイプ CHAP

設定が終了したら店が三つのやつをタップして保存します。

iPhoneの場合

iPhoneの場合はプロファイルをダウンロードして設定します。

ブラウザソフト「Safari」で下記のアドレス(ドコモ回線)にアクセスしましょう。

https://mineo.jp/apn/mineo-d1.mobileconfig

端末の再起動

念のために端末を再起動しておくと良いでしょう。

そして無事開通

端末を再起動後に確認すると、「NTT DOCOMO」と「4G VoLTE」が表示されていて接続確認OKです。

回線スピードテスト

試しに回線スピードテストをしてみました。

mineoでは通常の高速モード(データ消費あり)と、低速モード(最大200kbpsだがデータ消費なし)がワンタッチで設定出来ます。

通常(高速設定)時

通常時は時間帯にもよりますが、割と速度が出ていると思います。

低速モード(200kbps前後)時

低速モード時では200kbps前後をうろうろしていました。

この速度では動画を観たりするのには不向きですが、LINE通話やメールの確認・軽めのネットサーフィンなどの用途では割と使用出来るように感じます。

普段は低速モードにしておいて、ある程度速度が必要な時に高速モードに切り替えて利用するのが良い方法だと思います。

最後に

mineo・Dプランの初期設定から開通までを解説した記事となりました。

主な流れは下記の通りです。

  • SIMカードをスマホやタブレット端末に差し込む
  • APN設定でAndroidの場合は設定画面より、iPhoneの場合はSafariでアクセスしてプロファイル設定する
  • 設定後年のため再起動で開通・通信可能となる

また回線スピードテストでは次のような結果となりました。

  • 高速モードでは時間帯によっては割と速度が出る
  • 低速モードでは200kbps前後となり、LINE通話やメール・軽めにネットサーフィンといった用途では割と使える

mineoでは初心者にも分かりやすいようにカラーのユーザーガイドが付属されていますので、ユーザー目線で対応している格安SIM会社でしょう。

格安SIM会社「mineo」が気になった方や回線契約を検討している方の参考になればと思います!

mineo(マイネオ)