【レビュー】ロジクールM545/546は戻る進むボタンがあるロングセラーワイヤレスマウス

くにりきラウ

こんにちは。ロジクール製マウス使用中の「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

現在PCで使用中のロジクール製マウス「M545/546」を長期間使用しており使い勝手が良くて気に入っていますので、今回はその使用感についてご紹介したいと思います。

主な仕様

公式HPより引用しています。

主な仕様
  • 製品名 : ロジクール ワイヤレスマウス M546
  • 発売日 : 2015年6月4日
  • 保証期間 : 3年間
  • マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)mm : 102 x 58.5 x 38.35
  • マウス重量(電池含む) g : 95.5
  • レシーバーサイズ (横x奥行x高さ)mm : Unifying Picoレシーバー 14.3 x 14.9 x 6.5
  • レシーバー重量 g : 1.63
  • カラー : ダークナイト / ペリー / レデンプション / マーキュリー
  • センサー方式 : レーザーグレードトラッキング
  • 解像度dpi : 1000
  • 総ボタン数 (チルト機能含む) : 7
  • スクロールホイール : 有(Web用ホイール)
  • チルト機能 : 有
  • 使用電池 : 単三形乾電池x1本
  • 電池寿命 : 最大18ヶ月
  • 操作距離 : 約10m
  • 無線方式 : アドバンス2.4GHzテクノロジー(Unifying対応)
  • 接続I/F : USB

外観チェック

本体・表面

本体カラーはブルーとなります。

本体・表面
  • 左右クリック部
  • スクロールホイール(左右傾き可)
  • 左側に物理ボタン(割り当て変更可)

本体・左側面

本体・右側面

本体・背面

本体・背面
  • 電源ON・OFFスイッチ
  • マウスセンサー部(1000dpi)
  • ゴム足4か所
  • フタ・開閉

フタ・開封時

裏ブタを開封すると「単三電池・1本」と「レシーバー」の収納が可能となっています。

レシーバー

レシーバーについては画像のように非常に小型でノートPCなどに接続しても邪魔になりにくくなっています。

本体・重量

本体の重量は「96g(電池込)」となり軽量です。

使用感について

マウスホイールが軽くクルクル回転する

マウスホイールが軽くてクルクル回転するのでネットサーフィンなどで縦に長いサイトでも閲覧がしやすくなっています。

専用ソフトでボタン割り当て

ロジクールの専用ソフト「SetPoint(古めの機種用)」や「Logicool Options(新しめの機種)」を導入する事により、「戻る・進む」などのボタンの割り当てが可能となっています。

SetPoint

Logicool Options

戻る・進むボタンが便利

マウスホイールの他に物理ボタン「戻る・進む」がそれぞれありよく使うボタンなのでネットサーフィンに役立ち便利です。

電池の持ちが良い

単三電池1本で毎日のように使用しており大体1年間くらいま電池交換無しで使用出来ています。

また電池残量が少なくなってくると「LED・赤色」が点滅して電池交換時期が分かりやすいです。

イマイチな点

マウスのカチカチ音が大きめ

マウスを左・右クリックした際にクリック音が多少大きめに感じます。

マウスホイールがよく回転する

マウスホイールが軽くてよく回転しますので人によっては気になる点かもしれません。

最後に

普段使用しているロジクール製ワイヤレスマウス「M545/546」に関するレビュー記事でした。

外観
  • 左右クリックとマウスホイールの他に物理ボタンが2つある
  • ホイールの下にLED(緑→充分・赤→電池交換)があり電池残量が分かる
  • 本体の底面には「単三電池・1本」と「レシーバー」の収納場所がある
使用感
  • マウスホイールが軽くてクルクル回転するのでネットサーフィンに便利である
  • 専用ソフト「SetPoint(古めの機種)」「Logicool Options(新しめの機種)」ど導入するとボタンの割り当てが出来るようになる
  • ボタン割り当て後の「戻る・進む」がかなり便利である
  • 電池の持ちが毎日のようし使用して約1年間くらいは保っている
イマイチな点
  • マウスクリック時のカチカチ音が大きめである
  • 人によってはマウスホイールが回転しすぎるのが気になるかもしれない点

今回ご紹介した内容より本製品に興味や関心を持った方は購入を検討してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。