【クレカ】海外通販サイトでの買物に便利なバーチャル番号発行が出来るカードはこちら!

こんにちは。キャッシュレス決済がメインの「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

通販サイトのAliExpressなどで海外での買物でクレジットカード決済を利用する方が多いと思います。

ただ使用したカード情報が何らかの形で流出してしまうかもと不安な気持ちになる事がありますね。

そこで今回はネット決済用に「バーチャルカード番号」が使用可能なクレジットカードをご紹介します。

エポスバーチャルカードについて

それはずばり「エポスカード」です!

エポスカードには「エポスバーチャルカード」という機能があり、普段利用しているカード番号とは別の専用番号を発行する事が出来ます。

※画像は公式HPより引用しています。

手持ちのカードとは別番号になる

「エポスバーチャルカード」は万が一流出や不正利用されても手持ちのカード番号は知られる事がないため安心です。

買物のたびに利用したい分だけの限度額設定が可能

「エポスバーチャルカード」を使用して買物する場合は利用したい分だけの限度額を設定しておく事が可能となっています。

なので普段利用しない時は限度額を0円にしておけばさらに安心出来ます。

エポスバーチャルカード・利用事前準備について

「エポスバーチャルカード」を利用するにあたっての事前準備方法です。

※画像は公式HPより引用しています。

エポスNetにログインする

エポスNetに「エポスNet ID」「パスワード」を入力して「ログイン」を選択します。

エポスバーチャルカードのお申し込み

マイページ内の「各種お申し込み」より「エポスバーチャルカードのお申し込み」を選択します。

本人認証

この画面では「エポスカード番号」「有効期限」「生年月日」を入力して「エポスバーチャルカードを申し込む」を選択します。

バーチャルカード番号の発行

これで「バーチャルカード用のカード番号」「有効期限」「セキュリティコード」が発行されます。

次に「ご利用可能額の設定へ」を選択します。

利用可能額の設定

バーチャルカード利用限度額を「一万円単位」で設定後「確認画面へ」を選択します。

設定完了・利用OK

これで事前準備が終了しましたので「エポスバーチャルカード照会」に進むとカード番号を確認出来ます。

エポスバーチャルカード・利用手順について

以下の手順は「エポスカード」アプリを使用しています。

ログイン画面

「エポスNet ID」「パスワード」を入力後に「ログインする」をタップします。

※指紋認証や顔認証などを利用中の方はそれを使用します。

トップ画面より

トップ画面の右下にある「会員サイト」をタップします。

サービス利用状況

次の画面では下にスライドしていくと「サービスご利用状況」があり、その中に「バーチャルカード(照会・中止登録へ)」がありますのでタップします。

本人確認画面

ここではお手持ちの「エポスカード本体」のセキュリティコードを入力して「次へ」をタップします。

バーチャルカード情報・表示画面

この画面では「バーチャルカード情報」が表示されますので、この情報を買物した海外通販サイトなどのカード情報入力画面で使用すればOKです。

決済後の状態

決済処理された明細書に反映された状態ですが「バーチャルカードでのご利用分」と記載されていますね。

最後に

海外通販サイトなどを利用する際にセキュリティ対策に便利な「エポスバーチャルカード」の紹介や利用方法に関する記事でした。

まとめ
  • 「エポスバーチャルカード」は手持ちのカードとは違う番号で発行されて、利用限度額が買物ごとに設定可能である
  • 事前準備はログイン後に画面に指示に従っていく
  • 利用方法は「会員サイト」内の「バーチャルカード」項目より「カード番号・有効期限・セキュリティコード・利用可能額」が確認出来る

カード情報の流出やセキュリティが懸念されますので、気になった方は「エポスカード」を契約・利用を検討してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。