【レビュー】Xiaomi MiaoMiaoCeはEインク搭載のボタン電池駆動デジタル温湿計

くにりきラウ

こんにちは。AliExpressで商品を物色する「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

各部屋に1つあれば便利な温湿計で「Xiaomi MiaoMiaoCe」という製品をAliExpressで購入したのでご紹介します。

【レビュー】ThermoPro TP49は乾電池サイズ&駆動のシンプルなデジタル温湿計

Xiaomi MiaoMiaoCeの特徴・イメージ画像

E-ink搭載ディスプレイ

E-inkは電子ペーパーの事を指します。

電子ペーパー (でんしペーパー)とは、紙の長所とされる視認性や携帯性を保った表示媒体のうち、表示内容を電気的に書き換えられるものをいう。 1970年代に米国ゼロックス社のパロアルト研究所に所属していたニック・シェリドンがGyriconと呼ばれる最初の電子ペーパーを開発した。Gyriconの構造は、半球を白、別の半球を黒に塗り分けた微小な球をディスプレイに多数埋め込んだものである。球の一部は静電気を帯びており、電界によって球を回転させることで白地に黒い文字を浮かび上がらせられ、数千回の書き換えにも耐えた。 現在では電子ペーパーを利用した製品が一般的に販売されるまでに至り、今後は低価格化が普及の鍵とされる。

Wikipediaより引用

パーソナルデザイン

設置イメージ

温度・湿度により表情が変化する

デジタルセンター搭載

高精度のSensirionセンサーを搭載しています。

主な仕様

外観チェック

同梱物

次のようなものが同梱されていました。

同梱物
  • MiaoMiaoCe 製品本体
  • 台座
  • 両面テープ
  • 磁石付き両面テープ
  • ユーザーガイド

製品・背面

製品・背面のカバーを取り外した状態で、上部にはボタンがありこれは「摂氏・華氏の切替用」となります。

また下部にはボタン電池で駆動するようになっており、電池の種類は「CR2032・1個」となっています。

使用感について

実際に台座に設置してみた状態です。

E-ink搭載でシンプルで様々な角度から覗いても数値が見やすく、温度と湿度が表示されています。

顔のアイコンマークがありますが、これは温度や湿度によって表情が変化するようになっています。

両面テープやマグネット磁石が付属されているので、壁に固定したり冷蔵庫などに張り付けての用途にも向いています。

電池が切れた場合は?

電池の寿命は仕様上約1年間となっており、今回購入した付属の電池は恐らくサンプル品と思われるやつで使用後10日ほどで寿命になってしまったようです。

電池が切れてしまうと画面右上に電池切れマークが表示されますので新しい「CR2032」と交換しましょう。

最後に

E-ink搭載のシンプルな温湿計「Xiaomi MiaoMiaoCe」の製品紹介記事でした。

まとめ・Xiaomi MiaoMiaoCe
  • E-ink搭載ディスプレイの温湿計
  • 温度や湿度によって顔アイコンの表情が変化する
  • ボタン電池「CR2032・1個」で駆動する
  • 台座や壁・冷蔵庫などに貼り付けての利用可能

シンプルな温湿計をお探しの方の今回ご紹介した製品を検討してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。