【WhyNotWin11】Windows11の動作要件を確認出来るフリーソフトの利用方法とは?



くにりきラウ

こんにちは。Windows10を利用中の「くにりきラウ(@lau1kuni)」です 。

以前の記事よりMicrosoft社のOS「Windows11」が正式発表されましたが、現在あなたが利用しているPCで動作確認を検証する純正アプリが一時的に配布が停止されています。

そこで今回は公式のやつと同等以上の機能がある「WhyNotWin11」というフリーソフトがありますので、導入や利用方法についてご紹介したいと思います。

【WhyNotWin11】Windows11の動作要件を確認出来るフリーソフトの利用方法とは?

配布ソフトHPにアクセス

まず最初に「WhyNotWin11」の配布先にアクセスしてダウンロード項目内(安定板)のファイルをデスクトップなどにダウンロードしましょう。

【補足】システム要件について

システム要件は次の通りです。

システム要件
  最小要件 推奨
OS Windows 8.1 最新のWindows10ビルド
CPU 32ビットシングルコア 64ビットデュアルコア以上

RAM(メモリー)

40MB 100MB
ROM(ストレージ) 5MB 100MB

実行ファイルを起動する

ダウンロードされたアプリソフトを実行して起動します。

【補足】使用PCについて

この記事での使用PCは「ASRock DeskMini A300」となります。

確認ダイアログ:詳細情報→実行

もし確認ダイアログが表示された場合は「詳細情報」→「実行」の順にクリックします。

診断結果の表示

するとアプリ起動後に自動的に診断が開始されてその結果が表示されるようになっています。

ちなみに私のPCに搭載中のCPU「AMD Ryzen 3 2200G」では「TPMなし/無効」という結果となり、残念ながら「Windows11」の動作要件を満たしていない模様です(´・ω・`)

診断結果の表示
  • アーキテクチャ(CPU+OS)
  • BIOSの種類
  • CPU世代
  • CPUコア数
  • CPU周波数
  • DirextX + WDDM2
  • パーティションタイプ
  • 搭載RAM
  • セキュアブート
  • ストレージ容量
  • TPMバージョン

【補足】Windows11・システムの最小要件について

「Windows11」では次の条件を満たしているPCでの導入が可能です。

Windows11・システムの最小要件
Windows 11
プロセッサ(CPU・SoC) 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
RAM(メモリー) 4GB以上
ROM(ストレージ) 64GB以上
システムファームウェア UEFI、セキュア ブート対応
TPM トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックスカード DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ 9インチ以上、HD解像度 (720p)
インターネット接続 Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要

アプリソフトの更新チェックについて

このアプリの画面左下には「更新チェック」という項目がありますので、もし最新版が配布されている場合は導入しましょう。

最後に

あなたが現在お使いのPCが「Windows11」に対応しているかどうか確認可能な「WhyNotWin11」とうフリーソフトの使用方法について解説する記事でした。

まとめ・使用方法
  1. 配布ソフトHPにアクセスする
  2. ファイルをデスクトップなどにダウンロードする
  3. ファイルを起動する
  4. 確認ダイアログが表示された場合:「詳細情報」→「実行」の順にクリックする
  5. 起動後に診断結果が表示される

今回ご紹介した内容より数ステップの操作で「Windows11」で動作するか確認出来ますので、興味を持たれた方は一度試してみてはいかがでしょうか!

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。