【有線】LANケーブルには種類があり通信速度が変化するのでカテゴリーの数値に着目しよう!

くにりきラウ

こんにちは。有線LANケーブルが多数配線がある「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

SNSよりバズっていたネタより有線LANケーブルには種類がありそれによって最大通信速度に変化がありますので、どれを選択すれば良いか迷っている方向けにご紹介します。

情報元・Twitterより

LANケーブル早見表

・Cat5以下→処分しよう。100Mbps以下しか出ない。下手に残しておくとトラブルの要因。

・Cat5E→一般家庭ならこれで十分。1Gbpsも出るし短距離なら10Gbpsも出る

・Cat6→耐ノイズ性を強めたやつ。10G-T構築するor長距離なら最低この辺ほしい。

Twitterより引用

主な概要

LANケーブルはカテゴリーがありその数値・バージョンによって最大通信に変化しますので次の表よりご確認下さい。

有線LANケーブル
カテゴリー CAT 5 CAT 5e CAT 6 CAT 6A CAT 7
最大通信速度 100Mbps 1Gbps 1Gbps 10Gbps 10Gbps
耐ノイズ性能 × ×  × 

どれがいい?

上記の表より次のようになり「最低でもCAT 5e以上を推奨」します。

お勧めしない

CAT 5(以前):最大通信が「100Mbps」なのでお勧め出来ない→あれば処分・買い替えを推奨

※通信速度の遅い方に合わさる為である。

これがお勧め
  • CAT 5e:最大通信速度が「1Gbps」なので最低ラインはこれを選択しよう
  • CAT 6:最大通信速度が「1Gbps」で値段と性能のバランスが良いので推奨
  • CAT 6A:最大通信速度が「10Gbps」なので「2・5・10ギガコース」を契約中の方に推奨

オーバースペック

CAT 7:最大通信速度が「10Gbps」あるがやや高価なのでオーバースペック気味である

最後に

有線LANケーブルにはカテゴリー別に種類がありそれによって最大通信速度が変化するので注意しようといった内容の記事でした。

概要

有線LANケーブル:カテゴリー別によって最大通信速度が変化する事

どれにする?
  • 非推奨:「CAT 5以前」は最大通信速度が「10/100Mbps」なのでこれがある場合は買い替えよう
  • 推奨:「CAT 5e(最低ライン・1Gbps)」「CAT 6・1Gbps」「CAT 6A・10Gbps」より選択
  • オーバースペック:「CAT 7」は値段がやや高価である

有線LANケーブルの購入で迷われた方は最低でも「CAT 5e」を選択しておきましょう。

くにりきラウ

この記事が少しでも参考になれば幸いです。