【開封編】外観がiPhoneXSに似ているUMIDIGI A3 Pro ファーストインプレッション(B19対応)

こんにちは。くにりきラウ(@lau1kuni)です。

親のスマホデビュー用に手頃なスマホが無いか探していました。

するとネットや動画サイト界隈で人気のある「UMIDIGI A3 Pro」がお勧めとあったので僕も購入してみました。

Gearbestという海外サイトを利用しました。

Gearbestはどんなサイト?

「Gearbest」は日本でいう「楽天市場」や「Yahoo ショッピング」といったお買い物サイトと思っていいでしょう。

日本国内では手に入れにくい激安スマホやタブレットなどのガジェットや、他にも様々な物が購入出来たりします。

Gearbest HP Access!

注文から到着まで

  • 2019年5月3日未明:注文・発送
  • 経由地:シンガポール→香港→日本国内→大阪@関空→自宅
  • 2019年5月11日夕方:到着

こんな感じで大体一週間くらい掛かりましたが無事に到着しました。

日本国内に入ってからは郵便局が届けてくれました。

荷物受け取りの際に住所と名前の確認はされましたが、サインは特に要りませんでした。

主な仕様

System

Android 8.1 Oreo

CPU

CPUMT6739, 4 x A53,@ 1.5GHz

RAM(メモリー) 3GB
ROM(ストレージ) 32GB
SIM Dual nano SIM+microSD(256GBまで)
Battery 3300mAh
Screen 5.7 inch HD+(1512*720)
Camera(ウラ) 12MP+5MP
Camera(オモテ) 8MP
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/
Bluetooth 4.0
対応Band 2G: GSM B2 /3 /5 /8
3G: WCDMA B1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
4G: FDD-LTE B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28 
サイズ・重量 Height:147.2 mm
Width:70.2 mm
Thickness:8.5 mm
Weight:187 g

対応バンド(4G・LTE)について

ドコモまたはソフトバンク回線での利用をお勧めします。

ドコモ回線

BAND1・3とBAND19のプラチナバンドに対応しています。

ソフトバンク回線

BAND1・3とBAND8のプラチナバンドに対応しいています。

au回線

BAND1・3には対応しておりBAND18のプラチナバンドに対応していますが、au回線での利用は複雑なのであまりお勧めしません。

技適について

技適については自己責任でお願いします。

技適マークとは、技術基準適合証明と技術基準適合認定のいずれかあるいは両者の認証がなされていることを表示するマークで、総務省令に定められたものである。

Wikipediaより

外観チェック

それでは開封して中身をチェックしていきます。

外箱・正面

スマホ本体が入っているケースは黒にシンプルな箱です。

外箱・ウラ面

裏面には仕様が書いています。

同梱物

  • UMIDIGI A3 Pro 本体(保護ケース付)
  • Thanks カード
  • ユーザーガイドとSIMピン
  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • 日本用コンセント変換アダプター

Thanks カード

Thanksカードが入っていて英語で書かれています。

ユーザーガイドとSIMピン

ACアダプターとUSBケーブル

この2つに関しては付属品では無く、手持ちのやつを使用しています。

日本対応コンセント変換アダプター

スマホ一式とは別にGearbestでは日本で使用するためのコンセントアダプターが荷物と一緒に入っていました。

本体・表面

ペリペリが貼られています。

本体・ウラ面

こちらもペリペリが貼られています。

今回購入した色はゴールドにしました。(他の色はブラックもあります。)

左側にカメラがあり少し下に指紋認証のやつがあります。

技適マーク付で認証されており、写真モザイク部分にはIMEIが2つ記載されています。

その下にはUMIDIGIロゴがあります。

本体・上面

上面には特に何もありません。

本体・左側

左側にはSIMカードスロットがあります。

本体・右側

左から「電源ボタン」「音量上下ボタン」があります。

本体・下面

左から「イヤホンジャック」「マイク」「microUSB」「モノラルスピーカー」があります。

本体・重量

本体重量を計測すると「183g」で手に持つとずっしりした感じがします。

片手で長時間触っていると疲れてきそうですね。

初期設定について

それではセットアップ・初期設定をします。

電源を入れる

スマホ正面右側の電源ボタンを長押しで起動しましょう。

この時に何度かやりましたが電源が入らなかったので焦りました。

そこでUSBケーブルを接続してみると無事に起動しました。

バッテリーが空になっていたようで初期不良では無かったです。

※この記事作成時点ではSIMカード無しで起動チェックしました。

ロゴ画面

電源ON後ロゴ画面が表示されます。

日本語表示可能

言語選択画面で日本語がありましたので表示出来ます。

初期設定完了

初期設定完了後にホーム画面が表示されました。

最後に

1万円強で購入出来る「UMIDIGI A3 Pro」の開封・初期設定の記事でした。

  • 外観はiPhone XSに似ている
  • ドコモとソフトバンク回線のプラチナバンド対応
  • 日本国内で正式利用出来る技適マーク・認証あり
  • 言語選択で「日本語」が使用可能である

後日レビュー記事を掲載する予定なのでお楽しみに!

追記

レビュー記事はこちらよりどうぞ。