【悲報】自分の愛車が当て逃げされた話

こんにちは。愛車を駐車場で当て逃げされた「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

今から数年前に自分の愛車を当て逃げされた事があります。

今回はその事について書いていきます。

新車購入後の数か月の出来事

実際に当て逃げにあった日は、新車を購入してから数か月後の事でした。

その当日は、とあるお店の駐車場に車を停めていました。

そして用が済んだので駐車場に戻り普通に運転席に座りました。

この時は全然気づいていませんでしたし、時間帯は夜だったので尚更でした。

自宅近くの駐車場に戻り、ふと助手席側(左)を見てみると何か違和感がありました。

よく見てみると助手席側のドアがぼこんと凹んでいるではありませんか。

一瞬「???」と何が起こったのかよく分かりませんでした。

自分で壁にぶつかったとかは無いので、明らかにその相手側の原因でした。

恐らく駐車場の置いている間、どこの誰かが駐車止めミスで当てたのだと思われます。

そのお店の周辺には監視カメラも無かったので、犯人は分からずでした。

最寄りの警察署へ

犯人が分からないので、とりあえず最寄りの警察署へ相談(当て逃げされた報告)をしに行きました。

警察署の人が車を見て「これは当て逃げですな」と言ってました。

自分の愛車の車を写真で色々な角度から撮っていました。

その時の車の写真をここに載せようと探してみましたが、残念ながらみつかりませんでした・・・。

一応警察の方で調べてみると言ってくれましたが、あまり当てに出来ないかもと思いました。

ディーラーへ修理の依頼

さすがにこのままだと助手席を使用できないので、新車を購入したディーラーへもっていきました。

ドアの部分を見てもらうと「これはドアを丸ごと交換になる」という事を言われました。

ドアの交換以外にもカラーの再塗装になるので費用が掛かりました。

そのお値段なんと・・・20万円でした!

正直かなり痛い出費となりました。

しかも最悪な事に当時は車両保険無しのプランだったので、全額自己負担となりました(´;ω;`)

修理には数日掛かるので、その間は代車を借りて過ごしました。

数日後修理が終わったので愛車を取りにいきました。

すると元通りキレイに戻っていたので安堵の表情でした。

これで事故車扱いになってしまいました。

将来車の買い替えする際に下取りの査定に響きそうです。

結局犯人は見つからず

それから犯人が見つかるかどうかで、警察からの連絡を待っていました。

しかし結局は分からないままとなってしまいました。

やはり予想通りの結果でした。

せめてその当人は名乗り出て謝罪と修理代の弁償をして貰いたかったです。

最後に

愛車が駐車場内で当て逃げされてしまったという記事でしたがいかがでしたでしょうか。

この当て逃げ事件は自分に落ち度は無く、完全に相手側の原因です。

この件での失敗は「車両保険に入っていなかった」事です。

なので新車で購入した場合は出来るだけ車両保険は付けておいたほうが良いと思います。

僕と同じ失敗をしないように気を付けて下さいね。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。