コンビニバイトが1か月続かなかったお話【接客不向き】

こんにちは。コンビニでの仕事が長続きしなかった「くにりきラウ(@lau1kuni)」です。

アルバイトの定番で募集もしょっちゅうある仕事の1つにコンビニバイトがありますね。

コンビニバイトした事がある人は結構いるのではないでしょうか。

ちなみに僕は1か月持ちませんでしたw

今回はその事について書いていこうと思います。

接客は向いていないと思いつつ・・・

僕の性格上接客系の仕事は明らかに向いていないと分かっていました。

でも何事も経験になるかと思い、とあるコンビニ店に応募しました。

面接→採用

応募先に電話して後日面接に向かいました。

その後採用の連絡がありました。

時間帯は一通り経験(朝・昼・夕方・夜・深夜)しました。

勤務開始

初日は主に研修のようなものでした。

店舗の控室で仕事の流れや挨拶の練習をしました。

「いらっしゃいませ!」

「ありがとうございました。またお越し下さいませ!」

「〇〇(商品の名前)はいかがでしょうか!(大声で)」

実際にお店に行くと聞こえる台詞ですね。

とにかくやる事が多い

これも仕事を始める前に分かっていた事ですが、コンビニはホントにやる事がたくさんありました。

レジはもちろんの事、レジ前に売っている食べ物の調理や店の掃除、商品の発注や品出し等色々ありました。

なので覚えるのに一苦労でした。

レジの違算が発生

違算はレジの表示されいる金額と実際に現金を数えた金額が異なっている事です。

実際に僕がお金を数えていた時に、数円合わない事があったのです。

何度か数えても合わないのでベテランのスタッフがいたので、協力してもらいなんとか解決出来ました。

レジの作業であるあるではないでしょうか。

そして辞めるきっかけとなった最大の出来事がこれだ

とある日にもうこの仕事を辞めようと決意した出来事がありました。

それは客に怒鳴られた事です。

その時僕はレジ作業をしていました。

そこに一人の客がレジにやってきました。

何となく感じの悪そうなクレーマーぽいおばさんでした。

レジを終えた時に僕はミスをしてしまいました。

それに対してその客は納得いかないようで、急に一方的に怒鳴りつけられました。

同じ従業員に怒られるのはまだいいですが、お客に怒られるのは本当に参りました。

接客業なのであり得る事ですね。

この出来事がきっかけで辞める事を決意しました。

退職の意思を伝えた

店長に店にいなかったので電話で辞める事を伝えました。

すると受理されましたが、不機嫌そうな感じで電話が切れました。

最終日当日までは最低限の作業をして耐えていました。

この仕事の期間は約3週間程で一か月持ちませんでした。

最後に

コンビニバイトが長続きしなかったという記事でしたがいかがでしたか。

コンビニバイトは求人チラシやサイトでよく募集しています。

それは人の入れ替わりが非常に多いからです。

やる作業が多くて変な客の相手もしなくてはなりません。

そして何より給料が最低賃金付近で凄く安いのです。

なので特に自分で接客系の仕事は向いていなさそうと思っている方はやめておいたほうがいいと思います。

もしコンビニバイトをやってみて割に合わなそうであればすぐにでも辞めましょう!